メキシコ旅行で楽しむ観光地


1
画像参照:Dennis Jarvis

メキシコはかつてはマヤ・アステカ文明が栄えた場所であり、歴史的な遺産も数多く残る国。歴史遺産の観光目的でメキシコに訪れる人も多くいます。
メキシコ首都のメキシコシティ周辺にもマヤ時代の歴史的な遺産は数多く残っていて、ティオティワカンはその中でも代表的な世界遺産になっています。
またチチェン・イッツァはユカタン半島にあるジャングルの中にそびえるピラミッド型の神殿で、天体観測を行っていた事を思わせる天文台や戦士の神殿など数々の遺跡が点在しています。
この他にもメキシコ国内には遺跡をはじめ街並み等、数々の世界遺産が点在しており、全ての世界遺産を巡るだけでも非常に大変です。ユカタン半島を拠点に世界遺産巡りをする事がおススメですが、どのような世界遺産を巡りたいか事前に確認していくと良いでしょう。

一方でこの国には非常に近代的な世界有数のビーチリゾートがあります。それがカンクンです。新しく開発されたビーチリゾートで青い海と白い砂浜が魅力の場所です。世界中からハネムーナーやセレブが旅行に訪れる場所になっていて、カンクンのホテルには多くの外国人観光客を見かけます。そのため、カンクン周辺はホテルだけでなく大型の商業施設が建ち並び、免税エリアも設定されているのでブランド品のショッピングも楽しめます。ホテルも大人限定で楽しむことができる年齢制限のホテルがあったり、オールインクルーシブプランのあるホテルがあったりと、様々なホテルステイを楽しむことができるようになっています。
カンクンは先にあげたチチェン・イッツァへの観光にも便利なエリアです。ビーチリゾートを楽しみつつ世界遺産にも出来る事のできる最高の観光地といっても良いでしょう。